一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

不動産会社ごとに査定額が変わる不思議

一つの物件に対して不動産会社ごとに査定額が全く同じにならないのは不思議だと思いませんか。

 

どうしてかと言うと、各社の販売実績や独自の査定基準をチェックして計算された査定額なので、各社で異なるというわけです。

 

 

 

なので、不動産物件の査定を会社にお願いする際には、さまざまな不動産会社に査定の依頼を出すと、高い見積もりを出す会社を探すことができます。
いままでは不動産の査定をしてもらう際は、不動産の詳細だけでなく、依頼者本人についても事細かに知らせる必要がありました。

 

 

いますぐ売ろうという状況でない時は、見積り後にしつこい営業がくることを嫌い、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。

 

ただ最近は、いちいち個人情報を伝えなくても住宅の評価を依頼できるサービスも登場しています。

 

 

住宅の売却をお考えでしたら、こうした新サービスを活用するのもありでしょう。

 

 

売却物件を査定する際は条件関連であとになって揉めることもあるようです。

 

 

 

意図的なものではなく、たとえば確認不足とか、ささいなミスが発端となっているのです。気持ちが舞い上がりがちですが、条件確認はしっかり行い、写真やメモなどに記録していくと問題解決もスムーズです。わからない点や曖昧な部分はどんどん質問するなどして、解決に努めることが大事です。

 

あとになると問題が大きくなることもあるからです。
昔ながらの木骨モルタルや木造の一戸建の耐用年数は、税法において20年から22年で、最近の国土交通省の調査によると平均残存年(寿命)は30年弱です。

 

 

 

全国的な傾向ですから例外はほとんどなく、たとえば築30年を超える住宅を売りたいと思っても、住宅の評価額はゼロか、仮についても百万に届かなかったりと少額で見積もられるケースが少なくないです。

 

 

 

ですから売却する際は、家はゼロ円で地価相当額にしかならないと思っていれば間違いないです。

 

売却する物件がマンションの場合は、以下の二つの条件から査定額を決定するようです。

 

 

 

その一つは地理的な条件で、生活の利便性の高さに付随する周辺環境や景観、あるいは交通機関の充実など、「場所」そのものに対する査定です。
もう一つが物件自体の査定になります。築何年かということも大切ですが、間取りや備え付けの設備、階層、騒音問題や電車などによる振動、部屋の日当たりや方角、セキュリティー部分です。こうしたポイントを一つ一つ細かく確認して不動産会社が査定額を決定します。