一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

マンションが売れたのちに、発生することがよくあるクレーム

やっとマンションが売れたのちに、発生することがよくあるクレームと言えば、瑕疵担保責任に関わる事柄です。

 

通常行われる通りのチェック時にはわかることがなかったものの、のちに欠陥及び破損が見つかると、みつかった欠陥や破損に関して責任を負わなければならないのです。けれども、新しい居住者が行ったのに修理費を節約しようとあえて、売り手に責任を押し付けることもあるようです。特に利害関係の発生しない第三者に立ち合ってもらい、スマートフォンのカメラや録画機器を使って映像や画像として保存すれば、余計なトラブルを避けることができるでしょう。

 

 

 

どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

 

 

 

おススメの選び方としては、インターネット上の一括査定サイトを使って、複数の不動産仲介業者に簡易査定してもらいます。その後、しばらくするといくつかの業者の査定結果が送られてきますから、査定額が高いものや、信頼できそうな業者を選んで実際の現地査定を行ってもらいます。
見積価格の根拠や相場など、こちらからの疑問に対して誠実に対応してくれる業者ならば、安心です。
どれだけ査定額が高くても、受け答えに誠実さを感じられなかったり、しつこい営業を繰り返すような業者はおススメできません。

 

 

 

悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに不動産の査定をお願いしたいというニーズが増えています。そのため、この頃は、個人情報を入力せずに不動産の一括査定を受けられるサイトの人気が高いです。

 

 

 

その利点は、悪質な営業を受けるリスクを回避できるうえ、素性の疑わしい業者にご自身の詳しい個人情報が渡る危険性を防ぐことができます。一方で、匿名では簡易査定しか受けられないため、実際の査定額とは異なる場合があります。
一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。

 

もちろん、このような査定基準以外に、その不動産会社だけの重視する査定ポイントも変わるため、会社によって査定結果に差が生まれるのです。不動産会社は、売り主に対して、算出された査定価格の根拠をきちんと示す必要があると法律の規定があるので、何か気になることがあれば答えてもらう権利があります。あらかじめ設定した期間内に住宅が売れなかったときに住宅の買取をしてくれるのが不動産業者の買取保証システムです。

 

先に業者による買取額を決めておくため、資金のめどがつきやすいという利点はあるものの、期間内に仲介で売れた時の価格と比べると安くなるのは否めません。そういったシステムがない業者もありますし、あっても顧客の要望がなければ付かないオプションですから、自分の目的に合っているかどうかよく考えて決めた方が良いでしょう。