不動産 税金 譲渡所得税 住民税 査定 売却

譲渡所得税と住民税

不動産売却時も税金が課されますが、特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。

 

 

 

物件の売却から利益が生じた場合にこれらは負担しなければならない税金となります。けれども、住居だった物件の売却なら、特別控除額が3000万円あります。
なお、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。
「一般媒介契約」がどういうものかというと、不動産物件を売却する場合に、二つ以上の業者に仲介をお願いする契約を指します。宣伝効果が高くなったり、一般媒介契約をした仲介業者は、よそよりも迅速に契約に至って仲介手数料を支払ってもらうのに躍起になって、早い段階で売買契約が成立することもあるといいます。ですが、複数の不動産会社と何度もやり取りを重ねなくてはならず、複数業者ではなく、一つの業者を厳選するという選択をする人もいます。

 

 

 

不動産物件の売却先は早く見つかれば早い分都合がいいでしょうが、仮に、機を見誤って値下げしてしまうと不利益を生んでしまいます。早々に値下げがされている売却物件は、これからもっと安くなるかもという期待を持つ買主も少なくないでしょう。
物件に関して問い合わせてくる人の数などを考慮の上、半年経っても動きがないと判断したら値下げを考慮に入れるといいかもしれません。ローンに残りがある場合だと残債をなくさないと、その不動産を売ることは出来ません。
残債が残っているけれども、売却しか残されていないなら、任意売却というやり方があります。

 

任意売却の経験豊富な会社がいくつもありますのでとりあえずは詳しく話をきいて、可能であれば契約を結んで、素人には困難な債権者とのやりとりをしてもらうのがこれ以上は悩まなくて良い方法になります。
殆どの場合、不動産売却での支払いは、分割して、手付金、中間金、最終金として払われるケースが多いのです。期間的なことでいうと、手付金の後、一ヶ月くらいしたら中間金を入金し、さらに、約三ヶ月経ったら、最終金が入金されます。ただし、同じ金額が三回支払われるのではなく、ほとんどは一番最後の最終金まで支払われません。

 

手付金は現金ということもないわけではありませんが、記録が残ることもあり、全ての支払を売主指定の口座に入金することの方が多いでしょう。

関連ページ

不動産売却に際してかかる税金
不動産売却に際してかかる税金について。家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら