一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却 税金

不動産売却に際してかかる税金

不動産売却に際してかかる税金の中で要注意なのが譲渡所得税と住民税です。これらは物件の売却により利益が生まれた場合に納めなければなりません。しかしながら、住んでいた物件の売却であれば、特別控除が3000万円適用されます。

 

 

加えて、所有の期間がどれだけかによって課税のされ方が変わる税金でもあるため、確かめてから売却に入ることを勧めます。内覧というのは、不動産売却では、買い手の購買意欲に大きな影響を与えるようです。
売り手側が内覧で失敗しないためにできることは自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、キレイで明るく広い物件でしょう。内覧がマイナスにならないためには徹底した断捨離を行い、掃除も丁寧にするなど、できることは時間をみつけてやりましょう。

 

不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶためにまず重要と言えることは、物件の売却に不動産屋の強みを活かせるかどうかです。マンションに強い不動産屋、一戸建てに強い不動産屋などがあるので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが必要なのです。加えて、例として全日本不動産協会のような団体への所属の有無も、確かな業者かのよい判断材料になります。

 

売りたい不動産物件を好印象に導くにはキレイで明るく広いと感じるようにしましょう。電気代をケチらず、照明はあるだけスイッチを入れ、きちんと清掃を行い、狭いという印象を与えないようにして、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。細かいことをいうなら、ホコリは当然として、水滴も残さないことです。
ホテルのように拭き取るのです。
こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。

 

相手への印象を第一に考えて、売ろうとする物件の手入れをしましょう。
売却したい不動産の査定には、一括査定サービスサイトを使わない手はありません。

 

 

その理由としては、査定を一社にお願いするだけでは、適正な相場が判然としないままに物件を必要以上に安く売却してしまう結果になりかねないからです。そこで、一括査定サービスの利点を活かし、比較対象の業者の査定額も見てみてから、この業者のサービス内容なら満足できるというところに仲介の依頼を検討していくのがポイントです。

関連ページ

譲渡所得税と住民税
譲渡所得税と住民税。不動産を売る時の税金について。家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら