税金 軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

不動産を売る時の税金記事一覧

不動産売却に際してかかる税金の中で要注意なのが譲渡所得税と住民税です。これらは物件の売却により利益が生まれた場合に納めなければなりません。しかしながら、住んでいた物件の売却であれば、特別控除が3000万円適用されます。加えて、所有の期間がどれだけかによって課税のされ方が変わる税金でもあるため、確かめてから売却に入ることを勧めます。内覧というのは、不動産売却では、買い手の購買意欲に大きな影響を与える...

不動産売却時も税金が課されますが、特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。物件の売却から利益が生じた場合にこれらは負担しなければならない税金となります。けれども、住居だった物件の売却なら、特別控除額が3000万円あります。なお、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。「一般媒介契約」がどういうものかというと、不動産物件...