一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却 個人情報

不動産一括査定サイトの個人情報事情

ネットにある不動産の一括査定サイトは大変便利ですが、個人情報が伝わってしまってしまうのではないかと気にしている方もいるでしょう。

 

 

どうしても不安だという場合は、一括査定サイトの記入欄に携帯電話番号だけを入力しておきましょう。
悪質な勧誘を受けた場合は、その業者の番号を着信拒否しておけば、何の負担もありません。

 

こちらの都合を無視してしつこく勧誘する業者は利用してはいけないと分かりますし、相場を知れるのは魅力的ですので、あまり考え過ぎず、一度利用してみてはいかがでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、不動産査定は二種類あり、それぞれ訪問査定と机上価格査定と呼ばれています。査定の精度が高いのは訪問査定です。訪問査定では不動産会社が直接物件をチェックし査定額を決定します。一方で、机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。物件情報、周辺地域での相場、過去の販売実績などから査定され、参考価格を決定します。

 

 

どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、ある程度の参考になるでしょう。マンションを売買すると課税対象になるケースも存在します。

 

 

 

譲渡所得税という名前の税金です。買った時の金額よりも売却が高価格で行われた時には、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。
ですが、譲渡所得税はマイホームを売った場合には特別控除が適用されるため、自分の住居用のマンションを売却したケースでは特別控除が適用され、譲渡所得税の対象にならないケースが大半です。

 

匿名で不動産査定を受けたいと考えている人も少なくありません。なので、近頃は、ネット上で匿名の一括査定を受けられるサイトを使う人も珍しくありません。

 

 

こうしたサイトが人気になる理由は、個人情報を入力したせいで査定後に営業を受けたり、電話を繰り返されるといったリスクを回避できますし、信頼できない会社に個人情報が伝わることがないなどの良さがあります。

 

 

 

しかし、注意点もあります。

 

匿名で依頼できる査定は簡易査定だけなので、正確な査定結果は期待しないでください。

 

土地付き一戸建てを売却する際に、できるだけ高く売りたいのであれば、まずはウェブにある不動産一括査定サイトで見積りを依頼すると良いでしょう。一社では比較になりませんから複数の業者に依頼し、営業力があって誠実な会社と媒介契約を交わします。もし購入を希望する人が内覧に訪れたときは広々として使いやすい部屋といったプラスのイメージを与えるためにきちんと掃除しておき、粗大ゴミやリサイクル店などを活用して不要品は処分しておくのがおすすめです。ささいなことが価格交渉のきっかけになりますし、売主側が注意していれば相場以上の高値で売却できる可能性も高まります。

関連ページ

不動産査定は三社が最も良い
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
不動産の売買価額や相場をみることができるサイト
不動産の売買価額や相場をみることができるサイト