不動産売却.コム|中古住宅・マンション・査定・売却

家を売却するときに必要な手数料

家を売却するときに必要な経費として、仲介してくれた不動産業者へ支払う手数料、土地家屋に付帯していた抵当権を抹消する費用、契約書や領収書に貼付する印紙税などがかかります。

 

不動産売買といえば高額な取引ですから、仲介手数料も大きな出費でしょう。それなら専門家に依頼せず、自分で一切の手続きをすれば仲介手数料の分、儲けが減らずに済むのですが、神経と労力を費やしてもなおリスクが残るわけですから、その道のプロに依頼するほうが安心でしょう。

 

 

納得のいく値段で家を売るために、インターネット上にある不動産一括査定サイトをしっかり活用しましょう。

 

 

 

「一括査定」で検索すると同様のサイトが複数出てきますが、いずれも最初に情報を登録すれば一度にいくつもの不動産会社に査定を依頼できるのです。同じ入力を何度も繰り返さなくて済み、手間も時間も省略できるのはありがたいです。不動産一括査定サービスを活用し、大切な資産を安心して任せられる業者を探すと良いでしょう。建物の築年数が古い場合は、家の価値なんてないだろうし更地にして売るべきかと考えている人も少なくはないと思います。

 

 

 

しかし、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。

 

最近は解体費用も高いですし、逆にDIYブームで中古住宅をベースに好みの改修を行ってブログにアップしている人もいますし、転売目的に中古を買い、リノベーションを行った上で価格を上乗せして売る手法をとっている設計事務所や不動産会社も多いので、中古物件に狙いを絞って探している人たちもいるからです。