家・不動産を売却するときの書類

家・不動産を売却するときの書類

家を売却するにあたっては専門家の立ち会いのもとで売買契約を結ぶため、さまざまな書類を揃えておかなければなりません。

 

 

物件の登記済権利書はもちろん、固定資産の納税額がわかる最新の固定資産税納税通知書などは不動産を売却する際にはかならず必要になります。また、物件や売手側の状況次第で、あれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。

 

 

不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、早々と揃えておいたほうが、取引終了までの時間は少なくて済みます。

 

あまりにも家の築年数が経っていると、解体して家のない状態にし、「土地」として売る方が良いのだろうかと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
とはいえ、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。最近は解体費用も高いですし、逆にDIYブームで自分好みに改装して住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、中古の物件を新築なみにフルリノベして販売するのを専門にしている業者も多いですから、価格の手頃な中古物件の需要は高まっています。

 

 

 

関連ページ

不動産売却で多少なりとも儲けが生まれたら
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
不動産売却は、不動産屋によって向き不向きがある?
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
売るときはリフォームしたほうが良い?
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
残債が残っている状態の家を売却する場合
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
不動産の個人売買は可能?
不動産の個人売買は可能?家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら。