一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

不動産の個人売買は可能?

個人で買い手を見つけて売買するのは難しいので、普通は不動産業者に仲介を頼むものです。

 

そこでなるべく高く売るコツは、安易に不動産会社を決めてかかるのではなく、多数の業者に物件の見積り依頼をして、現地査定してもらうことでしょう。

 

 

一回の入力で複数の不動産業者に一括で査定依頼ができるサービスを使えば手間も省け、家の市場価値だけでなく、各社独自の販促状況も見てとれるので、自分にとって「良い業者」を見つけることができるでしょう。

 

ソーラー発電システムを備えた家の売却では、ソーラーパネルはどのような扱いになるのでしょうか。端的にいえば設備であって家本体ではないのですから、そっくり引越ししても構いません。

 

ただし実際に解体と再設置にかかる費用を考えると迷った末にそのままにしておかれる人が少なくありません。

 

太陽光パネルを手放すにも手続きを踏む必要がありますが、転居先に据付できるだけのスペースがないということもあるわけで、そうなると置いていかざるを得ません。

 

借金の担保になっていない家を売買するのなら特に支障はありませんが、住宅ローンの支払いをまだまだ残している家となると難しいです。

 

 

原則として抵当権つきの不動産の場合、売買不可能です。

 

 

 

残る手段として有効なのが任意売却制度です。

 

借り主と融資元との間に仲介業者を入れることで市価で不動産を売却することができます。

 

 

ローンを滞納したら、競売にかけられる前にとれる一番有益な選択と言えるでしょう。

関連ページ

不動産売却で多少なりとも儲けが生まれたら
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
不動産売却は、不動産屋によって向き不向きがある?
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
売るときはリフォームしたほうが良い?
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
残債が残っている状態の家を売却する場合
家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)不動産の査定、売却を検討しているなら
家・不動産を売却するときの書類
家・不動産を売却するときの書類