一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

売却について色々記事一覧

サラリーマンはあまり経験がないかもしれません、確定申告は不動産物件を売却した場合には、必要です。多少なりとも儲けが不動産売却で生まれたのなら、必ず確定申告して、譲渡所得税という名前の税金を納めないと脱税になってしまうでしょう。残念なことに赤字になってしまったとしても、確定申告が節税に役立つ例も多いのです。どちらにしても不動産物件を売却したら、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。普通は、住居...

資産を換金できる点が、不動産を売却する上での最大のメリットです。それに、その物件で加入していた保険料、融資に対する保証料などは、契約した残り期間分の残金が返却されるはずです。ですが、こういった残金は物件の売却が終わったら、自動で返金される訳ではなく、手ずから手続きを行ってください。売ることが決まった際は、忘れずに契約した会社に連絡するようにしてください。不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選...

リフォームをしてからマンションを売りに出した方が、より好条件で買い取ってもらえると思う人も結構います。しかし、実はそうではないのです。いざリフォームとなった場合、相当なお金が飛んでいきますし、かけた費用を回収できない可能性が生じてしまいます。居住を希望する人ごとに好みは分かれるのですから、下手に手を加えたりせず、値下げをして価格で勝負した方がより素早く売却できることもあるでしょう。購入者がその気を...

残債が残っている状態の家を売却する場合、売却云々の前に完済していなければなりません。不可能であれば、売却代金での返済を最優先することを条件に債権者と話し合い、例外的に売却する事、つまり任意売却の許可を取るわけです。借りている本人が金融機関にこうした申立手続きをするのは非常に難しいですし、住宅の任意売却を扱う業者や弁護士等の力を借り、折衝から手続きまでの一切を任せたほうが良いでしょう。普通に暮らして...

個人で買い手を見つけて売買するのは難しいので、普通は不動産業者に仲介を頼むものです。そこでなるべく高く売るコツは、安易に不動産会社を決めてかかるのではなく、多数の業者に物件の見積り依頼をして、現地査定してもらうことでしょう。一回の入力で複数の不動産業者に一括で査定依頼ができるサービスを使えば手間も省け、家の市場価値だけでなく、各社独自の販促状況も見てとれるので、自分にとって「良い業者」を見つけるこ...

家を売却するにあたっては専門家の立ち会いのもとで売買契約を結ぶため、さまざまな書類を揃えておかなければなりません。物件の登記済権利書はもちろん、固定資産の納税額がわかる最新の固定資産税納税通知書などは不動産を売却する際にはかならず必要になります。また、物件や売手側の状況次第で、あれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、早々と...