共有名義 共同名義 不動産売却 メリット デメリット

共有名義・共同名義の不動産売却のメリットとデメリット

売り慣れているならいざ知らず、どうやって家を売れば良いのかわからない人も多いはずです。

 

不動産売買のファーストステップとして、土地や家屋の一括見積りサービスというものを使い、現時点での見積りを複数の業者に出してもらいましょう。

 

そして満足できる対応と査定額を示した会社と販売委託する契約を交わします。そのうち現れる購入希望者と金額の話し合いなどを経て、めでたく売却成立となります。

 

住宅ローン減税導入後、夫婦のどちらも働いている家庭では、共有名義でローンを組んで自宅を購入するケースが少なくありません。

 

ただ、名義を共同にする弊害もあります。家を売る際、登記簿上の所有者が複数いる場合は、すべての所有者の賛同が必要になります。

 

 

離婚(事実婚の場合は同居解消)などの事情がある場合、当事者である夫婦の間でしっかり話しあっておかなければ、不動産売却どころの話ではなく、むしろトラブルになるといったケースもあります。

 

一般の居宅売買では築30年を境に買い手探しには苦労するようです。内装リフォームや外壁清掃など手を加えて、魅力的な物件に近づけることが大事です。

 

また立地にもよるのですが、建物を撤去して更地状態で売ると売りやすいとも言われています。

 

 

解体費用の捻出が困難なら、中古戸建てとして、解体費の分だけ安い価格にして売れば、購入者は新築なり改築なり好きなようにできるので助かるというのもあります。