一軒家 一戸建 中古住宅・マンション 査定 売却

不動産の査定前のクリーニング

多くの場合、不動産売却の検討に際しては不動産業者に価格の査定をしてもらうのが第一歩になりますが、査定の前に汚れはすっかり落としてキレイにしておくべきでしょう。

 

マンションの場合は特に、キレイにされていると大幅に印象が変わることもあります。

 

それから、いざ購入希望者が内覧に来るとなっ立ときにも必ず掃除をした上で、広い部屋に見せるためにもいらない物は片付けておいた方がいいでしょう。一軒家などを売却するケースでは、買い手側が境界確認書をおねがいしてくるかもしれません。

 

境界確認書をもとめられたら、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、所有している土地の面積を確定指せて、それをけい載した書類を制作します。
買主が境界確認書を要求する理由として考えられるのは、土地同士の境界線が曖昧な時に、面積を正確に測った上で売価を確定指せること、それに、隣接地の権利者と揉めるリスクを回避したいという思惑がありますのでしょう。
家などの不動産物件を売りたい方は、売却にあたって印鑑証明、それに、実印の準備が必要になります。
なぜなら、法務局で行なう所有権移転登記の際に使うため、買主はどっちも必要ではありません。しかし、ローンを組むなら例外です。このケースだとローン会社に行く際、印鑑証明と実印がいますからす。
もし、連帯保証人を必要とするなら連帯保証人にも印鑑証明と実印の準備をおねがいしてみましょう。
不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙代を負担しなければなりません。

 

不動産がいくらで売れたかで印紙代の段階は異なるので、場合によっては数十万円ともなることがあります。
そして、売主と買主の両者がそれぞれに契約書を制作した場合、どちらも印紙代が必要になります。しかし、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、確かめておくといいでしょう。

 

不動産業者を選び間違うと、物件の売却に失敗してしまいますよね。仲介業者はどこも同じではなく、顧客のことを全く考えない業者もいますよねから注意が必要です。

 

周辺の物件の相場を考えない査定額をつけたり、物件を売ろうという意欲がなかったり、過剰に宣伝を行い、その費用として高額請求するなど、いろいろなケースがあります。
誠実な仲介業者をみつけるためにも、一社としか連絡を取らないなんてことはやめて、一括査定を利用し、じっくりと選別するのがポイントです。