不動産売却.コム|中古住宅・マンション・査定・売却

一軒家・戸建・中古住宅・マンションの査定、売却

このサイトは家(一軒家・一戸建て・一戸建て・中古住宅・マンションなどなど)や土地などの不動産の査定、売却を検討している方向けの情報サイトです。

 

マンションや一戸建てを売るには

マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと完工から2、3年目あたりを始まりに築10年位までは緩やかにではありますが、価格は下がる一方です。

 

ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは値段がそんなに変わらないのです。

 

自宅の買換えや売却に伴う税制上の恩恵が受けられる条件も、居住物件の保有期間が10年を超えていることですし、住宅を売却ないし買い替えるなら取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であると言って良いでしょう。

 

所得税というのは住宅売却時にもかかってくるのでしょうか。

 

簡単にいうと「課税される」が正解です。

 

 

しかし非課税になる場合も多いです。

 

買った金額より高値で家を売却できた場合は所得税が課税され、反対に購入時より安値になってしまったら所得税、住民税のどちらも支払わなくて済みます。

 

ただ、もし高く売れたとしても譲渡所得が3千万円以下の場合、確定申告をすれば所得税はゼロで済みますし、超えても超過分に対する納税だけでよくなります。
申告書の作成方法は税務署で教えて貰えます。

 

実家が不動産屋などの特殊なケースは除き、一般的には住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、それを参考に売り出す価格を決定して仲介契約をします。

 

査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。

 

内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、価格もありますが、物件の状況や市況でも変わってきます。

 

ただし宅地建物取引業法の定めるところにより、売却を仲介する業者との媒介契約は契約書の文言にもあるように「3ヶ月」で一度切れるので、その期間がプロモーションの目安になるでしょう。

 

オススメ査定サイト

家を売るには不動産業者さん?それとも個人?

家を売る場合に不動産業者を頼むかどうかは任意ですので、個人間で売買することもできないことはないのでしょうが、税金や法律、登記などさまざまな知識もなく取り引きするわけですから、深刻な問題が生じたときにうまく対処できません。

 

不動産の取引というのは事前調査のもとで綿密な契約書を作成して双方が確認するのが本来ですから、わずかな不備があっただけでも想定外のトラブルに見舞われるケースがあります。

 

きちんとした知識のあるプロに依頼したほうが安心ですし、ストレスも軽減できます。全てが終わってから臍を噛まないために、これから家を売ろうというのであれば、留意しておきたいことがあります。

 

似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、最低でも二つ以上の不動産会社に査定してもらうことです。相場観が欠如していると、査定で出された額が高いのか安いのかの判断基準がないということになります。

 

 

相場を知っていたからといって業者に敬遠されることはないですし、ネットを利用して相場観をつかんでおきましょう。ネットで近年増えてきたマンションや住宅といった不動産の査定を一括で依頼できるサービスを使えば、家を売る際の参考になる見積りを簡単に、たくさんの業者から出してもらうことができます。

 

こういった不動産売却関連のサイトは加入している仲介業者から資金を受け取る少額のファンド形式で運営をまかなっているので、売却希望者の利用は無料です。家で出来るのですから時間を気にする必要もありませんし、複数の会社から取り寄せた見積りを吟味できるので、ぜひ活用したいものです。